透析医療の現場でも看護師のお仕事は看護をすることです!

透析看護師の仕事について

透析医療の現場でも看護師のお仕事は看護をすることです!

透析医療と聞くと、看護師なのに、看護よりも機械操作ばかりするようなイメージがあるかもしれません。しかし、透析治療に使用される機械は、凄まじいスピードで進化しており、今では針を指してからあとは何事も無く安全に透析治療が終わります。
子育て看護師、ブランクからの復職

以前は看護師も機械につきっきりなことが多かったですが、現在では機械操作よりも、看護の仕事の方が圧倒的に多くを占めています。

透析治療を受けることになった患者さんは、この先ずっと透析治療を受け続けなくてはなりません。 一生関わっていく治療だから、患者さんの希望をできるだけ実現していかなくてはなりません。 治療をしながらも働きたい、旅行に行きたいなど、多くの患者さんはこのような希望を持っています。

透析治療は、常に施設に居なくてはいけないものではなく、きとんと自己管理ができていれば、普通の生活を楽しむことができるのです。生活を楽しむこと、こうありたいと思っていることを、実現するために、看護師は患者さんのサポートをしなくてはなりません。

これが、透析医療における看護師の役割なのです。透析治療を受けている患者さんは、今持っている疾患以外にも、色々な病気になりやすい身体になっています。

新たに病気にかかってしまうと、場合によっては食事もままならない状況になってしまい、栄養をとることができないので、体力が落ちてしまいます。体力が落ちると運動能力も低下してしまい、どんどん病気のリスクが高まります。

このような悪循環に陥らないためにも、患者さんの小さな変化を見逃してはいけません。それに、ほとんどの患者さんが普通の生活を送っていて、家から通っている外来の方です。

看護師と過ごす時間は、病院にいる時間だけであり、生活の中ではほんの一部に過ぎません。看護師は、この見えない時間も、押し付けることなく指導していかなくてはならないのです。そのため、コミュニケーション能力はとても重要になってくるでしょう。

しかし、透析医療において自分が思っているよりも、看護はとても重要なものであり、実際に多くの方が救われているのも確かなのです。 もし、興味があるのなら、まずは透析医療について色々調べてみてはどうでしょうか?

看護師が働く職場は?

主に看護師が働いている職場としては病院での勤務が代表的です。 しかし、看護師を求めている職場は病院だけではありません。

様々な職場で看護師の活躍が期待されているため、病院以外の選択肢もチェックしてみてくださいね。

代表的な職場は確かに病院です。 入院患者さんのいる病院の場合、通院患者と入院患者の両方のサポートを行うことになります。

また、日々の勤務の中では医師が行う医療行為の補助なども行うため、専門的な知識も求められる職場です。

近年は介護施設で働くという選択肢も増えてきました。 今は高齢化社会となっており、この状況はますます深刻化するといわれていますよね。

そのため、今後介護室で働く看護師の需要はますます伸びていくでしょう。 主に音修理の看護や介護を行うわけですが、ケアマネージャーや理学療法士、ホームヘルパーなど非常に様々な立場の人と協力しながら仕事を行う職場です。

お年寄りの方とのコミュニケーション能力の高さも重要となるため、会話能力を磨いた上で求人に応募したいですね。

他には保健所で働くという方法もあります。 保健所でどのような仕事するのかというと、主にその地域の人々の健康管理に関する仕事です。

保健所では保健師も活躍しているのですが、保健師と協力しながら病気の予防をするためには何をすれば良いのかを考えたり、乳幼児や妊婦、お年寄りの健康管理なども行います。

他には、訪問看護関連の職場でも看護師を求めているので、チェックしてみてくださいね。 こちらは患者さんの家に行き、介護を必要としている方のサポートを行う仕事です。

患者さん本人だけでなく、その家族のサポートをしたり、介護指導を行うこともあるため、こちらもコミュニケーション能力が求められる仕事だといえるでしょう。

このように、病院以外にも看護師が活躍している職場というのはたくさんあります。 どうしても病院での勤務が自分に合わないと感じているのであれば、無理に継続するのではなくその他の職場で働くことについても検討してみてくださいね。

看護師として働くための資格とは

看護師として多くの患者さんを支えていきたいと思った場合、どのような形で看護師を目指していけば良いのでしょうか。 看護師として働くためには、国家試験を受け、それに合格しなければなりません。

そのためには、まずは高校を卒業した上で専修学校、各種学校などの看護師養成所で専門的な知識を学ぶ必要があるのです。

3年間勉強する必要があるのですが、看護大学を選択した場合には4年、または看護系短期大学で3年学ぶという選択肢もあるので、自分にとって最適な方法を検討してみてくださいね。

また、先に准看護師の資格を取って准看護師として働いている方の中には、上位資格である看護師の資格取得を検討している方もいるでしょう。 やはり准看護師に比べると正看護師の方が待遇が良いため、これが理想的です。

すでに准看護師の資格を持っているということであれば看護師2年課程で2年間学ぶという方法があります。 ただ、中学卒業者である場合には3年以上を准看護師としての業務経験がなければならないので注意しておきましょう。

高校卒業者であれば、特に業務経験がなかったとしても入学することが可能です。

あとは学校卒業した後に、同じく看護師国家試験を受けて合格できれば見事正看護師になれます。

まだ何も資格を持っていない、まずは准看護師から目指しているということであれば、高校の衛生看護科で学ぶほか、准看護師養成学校を選択するのが一般的です。

資格の種類は知事免許という形となっており、各都道府県で実施される准看護師試験に合格すれば資格が取得できます。

認定看護師になるためには先に保健師、助産師、看護師のうちのいずれかの資格を取得しておかなければなりません。

専門的な資格となるため、看護師として5年以上の実務経験を持っていること、そのうち通算3年以上は特定の看護分野の看護師として働いていることなどの条件があり、指定された教育機関で6ヶ月以上の教育課程を修了すれば認定看護師になることができます。