透析看護師の仕事について

透析医療の現場でも看護師のお仕事は看護をすることです!

透析医療と聞くと、看護師なのに、看護よりも機械操作ばかりするようなイメージがあるかもしれません。しかし、透析治療に使用される機械は、凄まじいスピードで進化しており、今では針を指してからあとは何事も無く安全に透析治療が終わります。
子育て看護師、ブランクからの復職

以前は看護師も機械につきっきりなことが多かったですが、現在では機械操作よりも、看護の仕事の方が圧倒的に多くを占めています。

透析治療を受けることになった患者さんは、この先ずっと透析治療を受け続けなくてはなりません。 一生関わっていく治療だから、患者さんの希望をできるだけ実現していかなくてはなりません。 治療をしながらも働きたい、旅行に行きたいなど、多くの患者さんはこのような希望を持っています。

透析治療は、常に施設に居なくてはいけないものではなく、きとんと自己管理ができていれば、普通の生活を楽しむことができるのです。生活を楽しむこと、こうありたいと思っていることを、実現するために、看護師は患者さんのサポートをしなくてはなりません。

これが、透析医療における看護師の役割なのです。透析治療を受けている患者さんは、今持っている疾患以外にも、色々な病気になりやすい身体になっています。

新たに病気にかかってしまうと、場合によっては食事もままならない状況になってしまい、栄養をとることができないので、体力が落ちてしまいます。体力が落ちると運動能力も低下してしまい、どんどん病気のリスクが高まります。

このような悪循環に陥らないためにも、患者さんの小さな変化を見逃してはいけません。それに、ほとんどの患者さんが普通の生活を送っていて、家から通っている外来の方です。

看護師と過ごす時間は、病院にいる時間だけであり、生活の中ではほんの一部に過ぎません。看護師は、この見えない時間も、押し付けることなく指導していかなくてはならないのです。そのため、コミュニケーション能力はとても重要になってくるでしょう。

しかし、透析医療において自分が思っているよりも、看護はとても重要なものであり、実際に多くの方が救われているのも確かなのです。 もし、興味があるのなら、まずは透析医療について色々調べてみてはどうでしょうか?